コミスペ!

SHARE

2019.04.05

年下男子からの突然の告白!彼氏いない歴8年のアラサー女子の出す答えは…!?『抱きしめて ついでにキスも』美森青【おすすめ漫画】

『抱きしめて ついでにキスも』

“アラサー女子必見!”って帯に書いてあるんですけど、これを独身アラサー女子が読んだらどう思うのか、素直に興味がある、そんな作品が登場しました。美森青先生による『抱きしめて ついでにキスも』です。

掲載誌は「ココハナ」ということで、物語の主人公は三十路目前、29歳のOL・たま子。好きなコスメの仕事で、職場の仲間にも恵まれ、楽しく仕事をしているうちに、気がつけば彼氏いない歴8年のアラサーど真ん中。そんな彼女の唯一の楽しみは、最近警備のバイトで入った22歳のイケメン・竹田くんをからかうこと。そんなある日、竹田くんからまさかの告白を受け、戸惑うたま子は……というストーリー。

気になるイケメンに言い寄られたらすぐに付き合うし、なんならホテルなりベッドなり直行したっていいじゃない、などと私なんかは下世話に短絡的に考えてしまうわけですが、これがアラサー独身女子ともなると、ホイホイついていけないのが辛いところ。というのも、恋愛と同じくらい…いや、恋愛よりも圧倒的に「結婚」の比重が大きくなっているからです。

どんなにイケメンであっても、相手は22歳。結婚なんて全く考えていないであろう年頃です。付き合ったとしても、結局別れて気がついたら35歳でフリーみたいな、やばい状況に陥っていることも十二分に考えられるわけですよ。

というわけで、友達の助言もあり、この究極の据え膳に対してたま子は躊躇するわけですね。けれどもこちとら8年、男日照りの中、キスすらせずに来たわけで、乙女心はカラッカラです。そこに潤いたっぷりツヤッツヤの男の子が、好意を全面に押し出してガンガン攻め込んでくるわけですから、もうガード崩れまくり、揺らぎまくり、乾いた心が潤いまくり。

そんな誘惑を振り払うように婚活イベントに参加してみても、やっぱり売れ残りの男よりも、すぐ手に入る年下イケメンの方が俄然魅力的に映るわけです。というわけで、頭では「やばい」「ダメだ」とわかっていても、心はどんどん惹かれていっちゃうという、そんな展開。

こういう設定の年の差ラブって結構たくさんあるんですけど、本作の場合、最初っから相手は自分に惚れていて、しかもその理由付けをするだけの具体的な描写もないままに、ただただベタ惚れっていうあたり、実に都合が良いんですよね。またヒロインの魅力や共感性を補強するために、ヒロインの努力などが描かれることが多いんですけれど、本作でその源泉になるのは、ヒロインの「我慢」であり「禁欲」なので、何かを生み出す努力とは対照的に、そこがかなりインスタントでお手軽です。

こんな設定の物語ですから、きっと紆余曲折あって彼といい感じに結ばれて完結するんだと思うんですけれども、他作品に比べてその道程が圧倒的にイージー(だけど、表面的にはそう感じさせない)

もちろんこれはフィクションであり夢だから良いんですが、夢が過ぎるがために、読み終わった後の現実に引き戻されたときのダメージ、結構デカイんじゃないかな、と。これを「アラサー女子必見!」とか言って、独身女子(かは知らんけど)にぶつけるって、場合によっちゃ結構酷じゃないですかね。むしろ夢を夢だと割り切って捉えられる、分別と覚悟のある者だけ読め、と私は思うのです。

なんて、色々考えつつ読んでしまったわけですが、ストーリー自体は非常に軽やかで読みやすく、めちゃめちゃ面白いのでご安心を。というか、余計なこと考えないほうが楽しめます。気楽に気張らず、抱きしめて、ついでにキスしちゃってください(投げやりな締め)。

試し読みはコチラ!

この記事をシェア!

この記事を書いた人

いづき

このライターの記事一覧