コミスペ!

SHARE

2019.04.08

親友に対する初恋を実らせた、羨ましくも微笑ましい幼馴染ものBL!『焦がれて焦がして』noji【おすすめ漫画】

『焦がれて焦がして』

noji先生のデビューコミックスで、幼馴染ものBLです。初恋を実らせた系の羨ましくも微笑ましいお話。まず表紙のイラストが、作品のすべてを凝縮したような、ほのぼのと温かみのある美味しそうな一枚でとっても素敵です。

カップリングは、「初恋が幼馴染のわんこ系料理人 × 仕事で消耗気味の疲れたサラリーマン」です。

お互い都会に出てきてからの再会で、幼馴染・総一のあまりのやつれっぷりに自分の店で食事を取るように勧め、そこからどんどん餌付けしていきます。朝食・昼食までお弁当にして持たせています。まさに餌付け。

これか。これが胃袋を掴むってやつか……という典型的なテクニックが使われておりますので、料理に自信のある攻さん受さんは是非真似をするといいと思います。というか、はじめて悠次の作った夕飯を食べて涙を流した総一にリーマン生活の過酷さを垣間見て、この春から社会人生活を始めた皆さんへの心配が溢れだしてきました。餌付けしてくれる優しい攻が実在しない皆さんはあまり無理をしないようにしましょうね……。

人の作った温かい食事に満たされて、程よい酒に癒されて、どんどん幼馴染の店に入り浸るようになる総一。
あと何回、自分の料理を食べてもらえるんだろう。この毎日が当たり前になればいいのにと願う悠次。

親友に恋してしまったうしろめたさから総一を怒らせてしまうこともある悠次ですが、喧嘩になってもちゃんと仲直りします。恋が始まる前に、ベースとして幼馴染として過ごした圧倒的な時間の長さがあるので、ちょっとすれ違っても何とかなる感じが読んでる側にも伝わってきて、ふたりの関係に対する安心感がすごかったように思います。

溢れて止まらない悠次の恋心がちょっぴり切なく、でもふたりの間に流れる空気はほっこりとあたたかい、読んでいてほっとする作品でした。

表題作の他に、少年が森の中で変わった青年を拾う、ほんのりショタ風味の読み切り作品もお勧めです。少年の年齢がはっきり描かれていないのですが、夏休みの思い出感のある青年×少年ものです!

この記事をシェア!

この記事を書いた人

アキミ

このライターの記事一覧