コミスペ!

SHARE

2018.03.05

【日替わりレビュー:月曜日】『パーフェクトプラネット』イイモ

『パーフェクトプラネット』

近未来を舞台に繰り広げられるSF風BL触手ファンタジーです!
混ぜるな危険感が漂ってきそうな雰囲気ですが、ご安心ください。起こったのは萌え方向への化学反応です。SFは風味程度とお考えください。2冊でお話が完結する、BLにしては長めのお話で読み応えがあります。

とにかく全体を通じて触手です。SFより触手。確実に人間×人間の描写より触手×人間の描写にページを割いています。
触手好きな人は何も考えずにお買い求めください。
肌色シーンが多めですので、苦手な方はご注意ください。

主人公の金田は、惑星REDでふとした拍子に非人道的な人体実験に使われ、触手に犯され、触手に不老不死へと身体を作り変えられてしまいます。問題は、その不老不死、人間同士で交わると体質が相手にも移っちゃうところなんですよね。偉い人が逃がしてくれるわけがなかった!
金田は触手の交配相手として差し出され、それ以外の時は人間の偉い人に突っ込まれるというかなり悲惨な生活を強いられますし、かつての同僚たちも眺めるだけで助けてくれません。そんな中、命の危険を犯してまで金田を助けてくれたのが、金田に特別な感情を持っている白石です。

彼、普通のBLなら金田の相手として厚遇される立場にいるハズなんですが、なんと1冊目ではほとんど金田といちゃラブできません。かろうじて治療目的のエッチができたくらいという不憫さです。
組織を裏切って、そこの宇宙船をパクって惑星レベルの逃亡に成功したというのにこの仕打ち。そりゃ1冊で終わったら気の毒です。

2冊目があって良かった。

2冊目は触手もエッチ度もSF成分も盛々の増々でパワーアップしており、1冊目の不足分を補って余りある仕様となっております。

触手の正体とか目的が判明したり、逃げた先の惑星でも金田が攫われて触手に差し出されたり、肌色シーンが増えたりとサービス精神旺盛な構成。SFっぽく壮大で感動的な大団円まできっちり描かれているので、2冊分以上の満足感が味わえること請け合いです。

個人的にはその、自分はそこまで触手ラブではなかったんですが、正直、人間同士のラブより触手×人間の方がエロかったというか。むしろ作者さん、そっちのシーンの方が楽しく描けたんじゃないかと思うくらい気合の入った触手設定と触手エッチシーンだったので、ちょっと攻の白石さんが割りを食ってしまった気がしますね……。

宇宙船とか地球じゃない星とか謎の触手生物とか、設定はSFっぽいですが、触手のためにSF風舞台を用意したんですよねっていう感じです。触手成分が豊富すぎてお肌ツルツルになりそうです

触手好き腐女子の皆様にはぜひ手に取っていただきたい作品です。

この記事をシェア!

この記事を書いた人

アキミ

このライターの記事一覧