コミスペ!

SHARE

2018.03.12

amazarashiが書き下ろした、マンガ『月曜日の友達』主題歌が配信開始、MVも公開!

amarashi×月曜日の友達「月曜日」作品ページ スクリーンショット(©Sony Music Associated Records)

「このマンガがすごい!」をはじめ、数々の賞を受賞した阿部共実のマンガ『月曜日の友達』のために、amazarashiが書き下ろした主題歌「月曜日」が、本日3月12日(月)よりiTunes Music Storeなどにて配信限定でリリース。併せて、同作のミュージックビデオも公開となりました。

阿部共実先生は2010年商業誌デビュー。『ちーちゃんはちょっと足りない』が「このマンガがすごい!2015」(宝島社)オンナ編第1位、第18回「文化庁メディア芸術祭」マンガ部門新人賞を受賞し、過去の著作に『空が灰色だから』『死にたくなるしょうもない日々が死にたくなるくらいしょうもなくて死ぬほど死にたくない日々』などがあります。

今回楽曲が提供された、『月曜日の友達』は「週刊ビックコミックスピリッツ」(小学館)で連載し、完結となる2巻が今年2月に発売されたヒューマンドラマ作品。

みんなが少しずつ大人びてくる中学1年生の中でもあどけなさが抜けない女子・水谷茜は、ひょんなことから「俺は超能力が使える!」と言う同級生の男子・月野透と決まって月曜日の夜に校庭で会う約束をする。思春期に通りすぎた思い出がよみがえる、大人と子供のはざまを懸命に生きる中学生の物語。

本ミュージックビデオは、阿部共実先生がamazarashiのファンだったことから、始まった企画。元々はイメージソングとして既存曲の使用を打診していたものの、秋田ひろむ(amazarashi)さんも『ちーちゃんはちょっと足りない』を愛読していたことで、新曲を書き下ろすことになりました。

映像のラストには『月曜日の友達』の新作エピソードも収録されています。

作品情報

amazarashi×月曜日の友達 コラボレーションソング「月曜日」

iTunes Music Store
レコチョク
mora
など各ストアで配信中

ストリーミングはこちら

秋田ひろむ(amazarashi)コメント

『月曜日の友達』とコラボレーションさせていただきます。『ちーちゃんはちょっと足りない』を読んで衝撃を受けて、それ以来阿部共実さんのファンでしたのでとても嬉しいです。あまりに嬉しかったので、締め切りが差し迫っていた中、無理を言って曲を書き下ろさせてもらいました。個人的なファンアートのような気持ちで作りました。この作品の胸を締め付ける感動には遠く及ばないかもしれませんが、聴いてもらえたら嬉しいです。
→続きを読む

阿部共実コメント

編集者から電話がかかってきた。「amazarashiさんとコラボレーションが決まりました。」青天の霹靂。 はだかに喜びの雨にさらされて、いま己の心の空は何色だろうか。 あのamazarashiが自著「月曜日の友達」のために楽曲を提供してくださるというのだ。そしてその報告から微塵も経たないうち、締め切り延長の懇願で編集者に連絡をすると「amazarashiさんの描きおろし曲あがりました。データを送るので是非聞いてください。」迅雷風烈。またはだかに雨にさらされて、いま己の心の空は何色だろうか。自分は一度掲載し終わった原稿に、とろとろと加筆修正している間に、秋田ひろむさんはひとつの作品を生み出した。
→続きを読む

原作情報

試し読みはコチラ!

「阿部共実」の過去作品

この記事をシェア!