コミスペ!

SHARE

2018.07.11

【日替わりレビュー:水曜日】『今日から若菜とふたり暮らし』あきづき弥

私はあなたの父親になりたい

「成人男子と少女」は非常に魅力的な題材だ。特に父親と娘の関係を描いた作品では、どこまで男が頑張るのか、少女がどう成長するのかが、大きな見所になってくる。

怪奇譚要素の強いこの作品では、真剣に父になりたいと願う男と、健気な娘の距離感が、ありありと描かれる。

幼い少女・若菜。見知らぬ父と暮らすことになって待っていた所、やってきたのは少女を売り飛ばそうとした別人だった。
そこに訪れた、若菜と初対面の本当の父親・俊恵(しゅんけい)。彼は目が見えず、何が起きているかわからない。ことの異常さに気づいた父親は慌てて娘を取り返そうとするが、刃物で切りつけられてしまう。
血を垂らした彼から飛び出したのは、巨大な鳥。彼は式神を使役することができる陰陽師だ。

となれば、同じ血を引く若菜にもその素質がある。
父親が縛っていた内の1人、美しい少女の姿の化け猫は、魂と引き換えに自分を使役するように、若菜に取引を提案する。

若菜は、まだ父娘の関係に慣れていないがゆえの緊張感の中、なんとかして俊恵に接しようとする。ですます調の丁寧語を使い、娘になろうと一生懸命だ。
彼女の真の父親になりたいと願う俊恵。しかし、悩んでしまう。

「父親ってなんだろうなぁ」「娘に会ったら湧き上がってくるものかと思ってたんだよな なんていうかこう……父性?」

1巻の後半、若菜ははじめて「お父さん」と呼んだ。
若菜は俊恵に、自分の感情を隠さず訴えるようになる。

「これからも迎えに来てくれる?」

家族の愛情は、血がつながっているだけで急にスイッチが入って生まれるものではない。甘えたり、信頼したりして、精一杯かわいがって、少しずつ育つものだ。

純朴な黒髪和服美少女な若菜の姿は、「娘」のイメージの権化のようなキャラクター。言動全てが「守ってあげたい」欲をかきたててくる。
式神を使う様子がかっこよくて、でもちょっとしっかりしきれないオッサンの俊恵。彼に感情移入するほどに、娘の若菜がどうしようもなく愛しく見えてくる。

ちなみに彼が使役する式神の1つに、黒髪ツインテール巫女少女の錦がいる。普段は使役しているが、分身のような使い方もできるようで、俊恵が彼女の姿を通して話すシーンがある。

かわいい娘がいて、かわいいロリババア鬼を使役し、かわいい女の子巫女になれる。黒髪少女フルコース、ごちそうさまです。

試し読みはコチラ!

この記事をシェア!