コミスペ!

SHARE

2018.01.22

マンガ大賞2018のノミネート作品が発表

マンガ大賞」は、書店員をはじめとする有志によるマンガ賞。11回目となる、今年の「マンガ大賞 2018」のノミネート作品が発表されました。
ノミネートされたのは以下の12作品。

『映画大好きポンポさん』(杉谷 庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA)

『映像研には手を出すな!』(大童澄瞳/小学館)

『ゴールデンゴールド』(堀尾省太/講談社)

『ダンジョン飯』(九井諒子/KADOKAWA)

『とんがり帽子のアトリエ』(白浜鴎/講談社)

『凪のお暇』(コナリミサト/秋田書店)

『BEASTARS』(板垣巴留/秋田書店)

『不滅のあなたへ』(大今良時/講談社)

『メイドインアビス』(つくしあきひと/竹書房)

『約束のネバーランド』(出水ぽすか・白井カイウ/集英社)

『ランウェイで笑って』(猪ノ谷言葉/講談社)

『我らコンタクティ』(森田るい/講談社)

「マンガ大賞 2018」の選考対象は、2017年1月1日から12月31日に出版された単行本の内、最大巻数が8巻までの作品(過去にマンガ大賞を受賞した作品は除く)。

一次選考では、各選考員が「人にぜひ薦めたいと思う作品を最大5作品」選出し、その中から同率を含む得票数12位までの作品がノミネートされました。今回の一次選考においては、100人の選考員が参加し、挙がった作品数は過去最多の計252タイトルだったとのこと。

公式サイトでは、ノミネートには至らなかったものの一次選考時に投票のあった作品のリストも見ることができます。

二次選考では、選考員はノミネートされた作品全てを読み、トップ3を選んだ上でその結果を集計、年の一推し『マンガ大賞』が決定。
二次選考の結果は、3月下旬〜4月上旬の授賞式をもっての発表を予定しています。

この記事をシェア!