コミスペ!

SHARE

2018.02.10

【まとめ】人気作続々! スクリーンで堪能したい2018年前半に映画化の少女マンガ作品

昨年に引き続き、2018年も続々と少女マンガの映画化が予定されています。公開ラッシュとなる春に向けて、作品のストーリーとキャスティング情報について予習をしておきましょう!ちなみに今春映画化する作品は、どれも押しも押されぬ人気作ばかりで、原作のクオリティとしては過去イチバンと言っても良いかもしれません。

2018年3月3日(土)公開予定

『プリンシパル』

 ドラマが話題になった『あなたのことはそれほど』や、長澤まさみさん主演で映画化した『潔く柔く』など、多数のヒットを飛ばすいくえみ綾先生による作品です。

東京の学校でハブられ、母の再婚相手とも上手くいかず、逃げるようにして札幌の実父の元へと引っ越した糸真(しま)。ワクワクと不安を抱えながらの転校先で出会ったのは、学校での人気者・和央(わお)と弦(げん)の2人のクラスメイト。特別な存在として見られている2人に近づくとハブられるみたいだけど、日々過ごす中で2人との距離は急接近して……。

恋愛主軸ではあるものの、家族だったり友情だったり、純粋に好きだ嫌いだとやるだけでないところが本作の見所であり、物語に深みを持たせているところ。ヒロインの糸真を演じるのは黒島結菜さん。予告編を見る感じ、良い意味での「暗さ」「シリアスさ」を醸し出しており、なかなかマッチしているという印象がありました。またいくえみ綾作品といえばなんといっても「いくえみ男子」ぶっきらぼうさの中に優しさを見せる弦、穏やかさの奥に弱さを抱える和央と、タイプは異なれど魅力的ないくえみ男子2人を、小瀧望さん、高杉真宙さんがそれぞれどう演じるのかも要注目です。

試し読みはコチラ!

劇場版情報

『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』
2018年3月3日(土)から全国公開

監督:篠原哲雄 / 脚本:持地佑季子
原作:『プリンシパル』(いくえみ綾/集英社)
出演:黒島結菜、小瀧望(ジャニーズWEST)、高杉真宙、川栄李奈、ほか

2018年3月10日(土)公開予定

『坂道のアポロン』

原作は「このマンガがすごい!2009」オンナ編で1位を獲得し、第57回小学館漫画賞一般向け部門も受賞。2012年にアニメ化もした、名作少女漫画です。

物語の舞台は1960年代の長崎・佐世保。横須賀から転校してきたお坊ちゃま・薫は、ふとしたきっかけで見るからに「番長」という風体の男・千太郎に出会う。見た目も性格も全く相容れない2人だったが、薫はピアノ、千太郎はドラムを弾き、ジャズという音楽を通じて絆を深めていく……。もう戻ることのないかけがえのない青春の日々を描く物語。

監督は『ソラニン』『ホットロード』などを手掛けた三木孝浩さんで、この時点でまず「ハズレはなさそう」という安心感がありますよね。主人公の薫役は、Hey! Say! JUMPの知念侑李さん。薫のひ弱で繊細そうな感じがハマっているなぁという印象で、ここでさらに期待が高まります。もう一方の主人公・千太郎を演じるのは中川大志さん。千太郎は見た目も言動も突き抜けたガキ大将で、ともすればコスプレのようになってしまいかねないハードルの高さがあるのですが、中川さんがどう千太郎というクセのある役をモノにするのか。また本作ではジャズを演奏するシーンがあるのですが、2人ともピアノとドラムを猛特訓したとの情報もあり、ガチンコで楽器演奏に挑む姿にも注目したいですね。

ヒロインの律子役は人気女優の小松菜奈さん、脇役にもディーンフジオカさんなどの名前があり、個人的な期待値はかなり高め。恋愛要素は他作品に比べると薄く、純文学的な青春映画として、幅広い層の人に観てもらいたい一作です。

試し読みはコチラ!

劇場版情報

『坂道のアポロン』
2018年3月10日(土)から公開予定

監督:三木孝浩
原作:『坂道のアポロン』(小玉ユキ/小学館)
出演:知念侑李、中川大志、小松菜奈、ほか

2018年3月31日(土)公開予定

『honey』

今回ご紹介する作品の中では、一番甘い雰囲気漂う少女マンガ的作品がこちらではないでしょうか。

中学生の頃、奈緒は雨の中で倒れている不良を発見し、恐る恐る傘と絆創膏を残し逃走。時は経ち高校へ入学すると、周囲から恐れられる赤髪の男子・鬼瀬大雅くんに呼び出され、いきなり「結婚を前提にお付き合いしてください」と告白をされます。断ったら殺される……と、思わずOKをしてしまう奈緒ですが……。

赤髪の鬼瀬くんは実は全然不良なんかではなく、その見た目に反してめちゃめちゃ性格の良い、純情な男の子。このギャップが魅力なのですが、映画初主演となる平野紫耀さん(ジャニーズJr.)がどこまで再現できるのか、その演技に注目です。赤髪になるので場合によっては結構違和感ありそうと心配をしていたのですが、髪色抑えめでそこはあまり気にならないですね。原作においてメイン2人の関係は基本的に盤石で、割と安心して見ていられるのですが、その中で醸し出す、まるでスイーツのような甘い空気感が何よりの魅力。その可愛らしくて、甘くて、幸せな雰囲気をスクリーン上でも味わうことが出来るのか。楽しみです。

試し読みはコチラ!

劇場版情報

『honey』
2018年3月31日(土)から公開予定

監督:神徳幸治 / 脚本:山岡潤平
原作『honey』(目黒あむ/集英社)
出演:平野紫耀(Mr.KING/ジャニーズJr.)、平祐奈、横浜流星、水谷果穂、ほか

となりの怪物くん、ママレード・ボーイNEXT

12

この記事をシェア!

この記事を書いた人

いづき

このライターの記事一覧