コミスペ!

SHARE

2018.09.09

【日替わりレビュー:日曜日】『コールドゲーム』和泉かねよし

コールドゲーム

コールドゲーム

『ダウト!!』『そんなんじゃねえよ』と、超痛快な大逆転女子高生ストーリーの名手である和泉かねよし先生ですが、『二の姫の物語』からまさかの時代劇トーンのマンガにもぐいぐいと食い込んできました。

そして名作『女王の花』に続き(ラスト泣きましたよね…?)、去年始まった超大型新連載『コールドゲーム』

和泉先生のこれまでの得意技がこれでもか!と詰め込まれていて、第一話からフルスロットルで超超面白いことになっています。

舞台は中世?の宮廷。B国の王女・アルナは政略結婚のためE国に嫁ぐが、侍女・カミラと入れ替わり、アルナは護衛の女騎士として同伴する。どんな結婚生活が待ち構えているかと思いきや、アルナが目にしたのは、自分以外の5人の正妃候補たち。女の欲が渦巻く宮廷で、熾烈なマウンティングバトルがいま、始まる!……といった話なのですが、テンポのいいコマ運びに、目で訴えかけて来る美しいキャラクターセンス良すぎる台詞回しがもう至る所で輝きまくってます。

『ダウト!!』『そんなんじゃねえよ』、『女王の花』で見た女性同士の熾烈な争いに、情感たっぷりで世界観の表現が素晴らしい画力。おそらく15〜16世紀あたりの設定だと思われますが、服装や建物の描写もしっかり。掲載誌は「ベツコミ」ですが、女性マンガらしからぬ救いのない展開も。マンガだからといって、御都合主義ではありません。

和泉先生の作品はいつも、容姿端麗ヒロインが毒舌を吐くシーンに「これこれ!」的な気持ちになっちゃうのですが、今回のヒロイン、アルナもなかなかに痛快な女性!

和泉先生のマンガは、イケメンモテ男がふとした瞬間にヒロインの芯の強さに落ちてしまう流れが多い気がしますが、本作はそもそもイケメンが多すぎてちょっとこれからどうなるかわかりません。これからアルナが王妃とどんなサバイバルを繰り広げるのか、必見です。

試し読みはコチラ!

この記事をシェア!