コミスペ!

SHARE

2018.03.03

【まとめ】何巻から読んでもOK!1話完結型の面白いマンガまとめ

電車での移動中、人との待ち合わせ、就寝前のちょっとした息抜き……。ふとした隙間時間にちょっとだけマンガが読みたい時ってありますよね。そこでオススメなのが1話完結型のマンガ達。ストーリーも続きものでなく、『こち亀』や『サザエさん』のように何巻から読んでもOKな「ゆるくて面白いマンガ」を紹介したいと思います。

1話完結型の面白いマンガまとめ

『おいピータン!!』

おいピータン!!

『おいピータン!!』(伊藤理佐/講談社)主なテーマとして登場するのは「恋(失恋含む)」「食」「仕事」。生活の中でふと訪れる「あるある」が心地よく、初めて読むストーリーのはずなのにどこか懐かしい。まるで家族や友達の体験談を聞いているかのようにスッと読めてしまいます。

「デブでブサイクだけどとても男前な大森さん」と、食べ物の好みが合う、というきっかけから彼に惚れてしまった「メガネを取るとイケてる隠れ美人な渡辺さん」の2人の生活を中心に描きつつも、大森さんと渡辺さんがまったく登場しない回も多いです。1話完結型ながら、どの話も実に面白い。ある意味、主人公不在のマンガといえるでしょう。

壊れたドアの開閉音に依存する女、別れられない不倫カップル、ワンタンメンのことをタンメンだと思っている男、実家の味の冷やし中華を再現する女。一度しか登場しないサブキャラ達の人生が、大事に大事に描かれています。

人間は生きているだけで毎日がドラマ。そんなことを気づかせてくれる素晴らしいマンガです。

試し読みはコチラ!

『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』

その「おこだわり」、俺にもくれよ!!

ごくごく小さなことにこだわりを見つけ、「独自の楽しみ」を見出す、おこだわり人。

そんな彼らの生活を『東京都北区赤羽』の作者でもある清野とおるが密着取材し、「おこだわり」を紹介していくというマンガ『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』(清野とおる/講談社)がとにかく面白い。

すしざんまいを完璧に楽しむ人や、メロンの中の空気を嗅ぐ女、ポテトサラダで棒倒しをする金麦男、ベランダで最高の生活を追い求める男、銭湯に入り浸る男……。

それぞれが独自の「おこだわり論」を展開して行くのですが、なにはともあれ圧倒的な変態達。彼らの前に退屈な日々というのは存在せず、圧倒的な熱量でさらなるこだわりを求め続ける姿勢には感服するしかないし、その魅力を見事に描く清野とおるのエネルギーもまた見事

読み終わった後、不思議と「おこだわり人」の真似をしたくなっている自分に気がつきます。些細なことに喜びを見つけ、人生が無限に楽しくなる。そんなマンガです。

試し読みはコチラ!

『男子高校生の日常』

男子高校生の日常

平凡なタイトルとは裏腹に、実に多彩なキャラクター達がドタバタ劇を繰り広げる新しいタイプのギャグマンガ『男子高校生の日常』(山内泰延/スクウェア・エニックス)。

メインキャラクターである3人の男子高校生たちは「常識があるようでない」「すごいようですごくない」「ノリだけは一流」といった存在で、全員がクールなのにバカ。サブキャラクターの生徒会員や他校の生徒たちも基本的にクールでバカです。

特筆すべきは、1巻の第4話「男子高校生と文学少女」に代表されるようなシュールな笑い。作品全体を通して漂う「男子高校生にありがちなカッコつけた系のやつが全部スベる空気」は読んでて恥ずかしくなるのに、なぜだかニヤニヤしてしまいます。

「女にモテず、勉強もせず、何も成し遂げられず、何のために通っていたのか分からない」

そんな高校時代を過ごした記憶がある人なら絶対にハマると思います! 失われた青春のパズルの1ピースをピタリとはめてくれる。そんなマンガです。

『日常』

日常

『日常』(あらゐけいいち/KADOKAWA)その名の通り、「高校生の学園生活=日常」を描いた作品です。

軸となるストーリーが存在しないのですが、マンガのタイトルが「非日常」だったとしても特に違和感がないくらい、非常に個性的なキャラクター達が登場します。おかしなキャラはだいたい、女子高生です。ほのぼの高校生ギャグコメディ、という説明が一番しっくりくるのではないでしょうか。

登場キャラクターは多いですが、しっかりと描きわけができていて、読み進めていく内に「ああ、このキャラはツッコミか」と役割がわかってくることでしょう。ギャグマンガですが、どちらかというと爆笑するような内容でもなく、とことんシュールを極めます。電車の中でも落ち着いて読むことができるでしょう。

このマンガの1番の魅力は、まるで漫才を見ているかのようなテンポの良さと、期待を裏切らない正統派なツッコミ。1話完結型で必ずオチがつくというストーリーもわかりやすく、読者にとても親切な設計になっています。

特に、ちゃんみおこと「長野原みお」が全力で繰り出すツッコミはものすごい疾走感で、迫力がハンパないです。名言も多く、マンガ史に残るツッコミキャラクターだと思われます。(語尾にビックリマークがつく回数もダントツ)ギャグマンガのお手本のような作品です。

恋愛、食べ歩き(?)、SFまでNEXT

12

この記事をシェア!

この記事を書いた人

紳さん

このライターの記事一覧